2015年11月4日水曜日

(82)「大いなる作業」の液体の部分は、


「大いなる作業」の液体の部分は、「不老不死の霊薬」と呼ばれ、それはすべての病気をいやし、錬金術師に年をとらせないということを、少年は学んだ。そして固体の部分は「賢者の石」と呼ばれていた。



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp98



やっと座れた場所から車窓を撮影。牧歌的な田園風景が続きます。ごりらがこの場所に来る前から、ずっとこの場所はこの景色であって、これからもずっとこの景色であることに、世界の広さと一生の短さを感じます。





今日のインプット

なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...