2015年11月6日金曜日

(84)イギリス人は失望した。


イギリス人は失望した。何年にもわたる研究、魔法のシンボル、奇妙な言葉や実験道具・・・・・・こうしたものは少年には少しも印象的でなかったようだった。



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp101



この物語の中盤は、少年とイギリス人の対比で叙述されています。少年にとっての発見は、イギリス人にとっての関心とは別のところにあることが、イギリス人の視点で描かれます。後に錬金術師が述べるように、少年もイギリス人も、どちらも正しい道にいるのです。





今日のインプット

なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...