2015年11月13日金曜日

(91)「それが戦争のおきてなのだ」


「それが戦争のおきてなのだ」とかしらは説明した。「オアシスには軍隊は駐屯させない」
少年が驚いたことには、イギリス人はクロームメッキのピストルをかばんから取り出し、武器を集めいている男に渡した。
「どうしてピストルなんかを持っているの?」と彼は聞いた。
「人を信頼するのに役に立つからさ」とイギリス人は答えた。



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp108



生活道路を進みます。オアシスでは、個々人が武器をもってはならないという掟があり、キャラバン隊のメンバーは武器を渡すように要請されます。どうしてピストルを持っているのかという質問に対して、イギリス人の回答はなかなかおしゃれです。





今日のインプット

なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...