2015年11月27日金曜日

『TOEFLiBTテスト はじめてゼミスピーキングの教科書』

柴田由美子;Michel Ringen(2015)『TOEFL iBTテスト はじめてゼミスピーキングの教科書』ジャパンタイムズ


<きっかけ>
・TOEFL iBTのスピーキングは、何か話すことはできるのだが、もっと決まった表現があればより内容が話したらよいのか迷っていた。
・明日TOEFL iBTを受験するに当たり、最後の悪あがきをしたいと思っていた。


<読む前に期待したこと>
・スピーキングで改善するべきところがあればメモする。
・使えそうなテンプレートがあればメモする。


<実際に読んでみて>

○共通
・とにかく話すことで得点が積みあがる(pp13)。
・日本語を話さない(pp317)


○Question 1-2
・設問に対する直接的な答えと詳細・具体例の二つの要素が必要(pp29)。
・アクションを伴わない理由より、アクションを伴う理由を考えると話が広がる(pp47)。
・対比させることで内容を増やす(過去の自分と現在の自分、自分と他人)。過去の自分との対比は、"When I was younger, I used to think that......... But now I am older, I think that......."が使える(pp59-60)
・複文を使うことでスコアアップが期待できる(pp63)。
・結びの表現でスピーキングをまとめる。まとめる場合は"Looking back at........, I now know that......."(pp73)があり、将来に向けた意見を述べる場合は、"In the future", "Someday", "If I become...... someday, I'll probably......"などがある(pp76)。
・第二文型ではなく、第三文型の文章を作ることで、続く文を作りやすくする(pp82-83)。


○Question 3
・テンプレートでいけそうな箇所(pp130)。
1. "A female student and a male student are talking about an announcement made by .........."(誰かと誰かが何かについて話をしている)
2.  "According to the announcement, ....."(通達によれば、・・・・・・・)
3."The male student disagrees with the new policy and gives two reasons why he is against the policy" (どちらかは、通達に反対で、理由は●つある)
4.  "First, the man feels that......." (一つ目は、・・・・・・)
5.  "Second, he adds that......."(二つ目は、・・・・・・)
6. "In short, the male student gives a couple of reasons why he doesn't support the ...... policy change" (まとめ)


○Question 4
・テンプレートでいけそうな箇所(pp164-165)。

"A male professor is talking about......"
"According to the reading passage,"
"The professor gives the examples of......"
"Both A and B are examples of......."


○Question 6
・テンプレートでいけそうな箇所(pp251)。

"Through this short lecture, I learned that......"


<その他>
・機械に向かって、しかも、他の人に聞かれたままプライベートなことを話すのに慣れません。



今日のインプット

なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...