2015年12月31日木曜日

『東大生が書いた 問題を解く力を鍛える ケース問題ノート』

東大ケーススタディ研究会(2010)『東大生が書いた 問題を解く力を鍛える ケース問題ノート』東洋経済新報社


<きっかけ>
・書店で読んで興味を持った。
・同じシリーズで読んだことのある本があって、信頼できるシリーズだと思っていた。


<読む前に期待したこと>
・一緒にコンサルタントと働くときに、どんな情報をまずこちらから提供すれば、彼らのパフォーマンスが高まるか知る。
・社内で企画を立てたり、行動設定を誘導したいときにどんな情報の出し方をすればよいかの参考にする。


<実際に読んでみて>
・問題解決には、前提確認と現状分析がまず行われる(pp9-22)。ここを取り違えると、打ち手の効果が少ないものとなってしまうため、情報提供を慎重に、でも出し惜しみせずに行いたい。

・「100万円を作るには」というウォーターフローチャートが記載あった。「100万円経費削減するには」といった経費削減の目標設定にも使えそう。

・ケーススタディでは、考える際にはケース語を使いながらも、伝える際には聞き手の許容範囲に合わせる翻訳スキルが必要(pp99)。

・チェスの人口を増やすには(pp48-54)というケース問題があった。ここでのチェス人口を増やす考え方は、当社の金融商品の売上げを増やす際に根本に遡って考えるヒントがあるように思える。

存在を知る → 商品の仕組みを知る → 商品を使いたいと思う → うち、当社の商品を使いたいと思う → 申し込む

おのおののステップで何ができるか考えてみることにする。


<その他>
・英単語をすべて知らなくても、英文法がわかれば、英文がある程度読めることと、専門用語を知らなくても基本動作さえつかめればなんとか問題と闘うことができるというのは、よいアナロジーだと思う(pp3)。




今日のインプット

■その他 40分
■英語 1時間10分
■読書 10分


その他は、エッセイ更新。英語は、TOEFLライティング対策。読書は、拾い読みとまとめ作成。

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...