2016年2月19日金曜日

(117)第三日目、首領は彼の部下たちを集めた。


第三日目、首領は彼の部下たちを集めた。彼は錬金術師を会議に呼び出して言った。「自分を風に変えるという少年を見にゆこう」
「まいりましょう」と錬金術師が答えた。



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp173



ついに約束の日がやってきました。自分は風にする術は知っているものの、このとき錬金術師は何を思っていたのでしょうか。少年が必ず成功すると信じていたか、それとも、少年が失敗しても生き延びる方法を考えていたのか。





今日のインプット

なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...