2016年3月10日木曜日

『[新版]ブルーオーシャン戦略 ―競争のない世界を創造する』

W・チャン・キム;レネ・モボルニュ共著、入山章栄監訳、有賀裕子訳(2015)『[新版]ブルーオーシャン戦略 ―競争のない世界を創造する』ダイヤモンド社



<きっかけ>
・ハーバードビジネスレビュー2015年10月号で紹介されていて興味を持った。


<読む前に期待したこと>
・会社の現状を取りまくレッドオーシャンから抜け出すヒントを探す。


<実際に読んでみて>
・競争を戦略思考の中心に据えるべきではない。世の中には競争に着目して戦略を立案する企業があふれているが、競争よりも新規市場の創出を重視して、競争を無意味にする(pp22)。レッドオーシャンとブルーオーシャンの違いがpp64にあります。


























・シルク・ド・ソレイユはブルーオーシャンのよい例。子供相手から、大人や法人を対象として開拓することで、競合のいない市場を創造した(pp45、59)。


・企業を分析単位とせず、戦略的な打ち手を分析の単位としてとらえるのがブルーオーシャン戦略の基本(pp54)。「会社の現状」と読む前に期待していたことに記載したが、実際は戦略的な打ち手単位で考えるべきだった。


・ブルーオーシャンを創造した企業群、レッドーシャンから抜け出せずにいる企業群の違いは、産業の特徴および組織の持ち味、経営者、創業期間、本拠地とする国によっても違いはない(pp55-56)。


・ブルーオーシャンを切り開いた企業は、競合他社とのベンチマーキングを行わず、その代わりに従来と異なる戦略ロジックに従うが、これをバリューイノベーションと呼び、ブルーオーシャン戦略の土台をなす(pp57)。


・買い手に提供する価値を見直しして、新しい価値曲線をえがくために、 4つの行動フレームワークがある(pp77-78)。イエローテイル社の事例をふまえ(pp85)カンボジアのマイクロファイナンス業界について考えてみた。

①取り除く:業界常識として製品やサービスに備わっている要素のうち、取り除くべきものは何か?
→月に1回の支払いを取り除く(年に1回にする)
→審査をしない(ただし保証人を2人とる) 
→画一的な金利を提供せず、信用度に応じた金利を提供する
→支払い窓口を設置しないで、給与引き落としにする
→金利をとらないが、月に2日新しい顧客(金利あり)を探すのを助けてもらう


②減らす:業界標準と比べて思い切り減らすべき要素は何か?
→申し込み書の資料を削減し、iPadでの申し込みと指紋(あるいは虹彩)認証で申し込みができるようにする


③増やす:業界標準と比べて大胆に増やすべき要素は何か?
→借入のできる場所(コンビニのレジで借りられるようにする)
→失業保険とセットで融資を実施(急な失業による支払い不能を避ける)
→融資する通貨を、ドルかリエルかを顧客が選べるようにする
→1人に貸さないで、連帯保証で5人に貸す。


④付け加える:業界でこれまで提供されていない、今後付け加えるべき要素は何か?
→支払い期日を給料日の近くに設定する
→携帯電話があれば送金できるサービス(WING)で支払いを受け付ける
→仕事の斡旋とセットで行うことで、無職の顧客にも融資を行う
→自社で申込が否決された顧客を、よりリスクのとれる金融機関に紹介して、紹介手数料をもらう
→金利の安さを武器に、おまとめローン商品を提供する。
→1口10ドルの借入につき、宝くじ1口が付与されるようにする


・市場の境界を引き直すには6種類のパスがある(pp98-138)。これも、カンボジアのマイクロファイナンスを例に考えてみた。


①代替産業に学ぶ:代替財や代替サービスを提供する業界に注目する
→お金を調達する手段として「質屋」、お金と信用情報をそこそこ持っている「村長」、

②業界内のほかの戦略を学ぶ:業界内のさまざまな戦略グループを見渡す
→マイクロファイナンス上位10社の貸倒率と収益性をベンチマークにして、自社の承認率を考える

③別の買い手グループに目を向ける:業界の買い手グループを定義し直す
→マイクロファイナンスの実際の受益者は既存の貸し手(自転車操業かもしれない)であるかもしれないから、おまとめローン商品を開発する

④補完財や補完サービスを見渡す:業界の枠組みを超えて、補完財や補完サービスを見渡す
→一時的な経済的支援にとどまらず、安定的な収入があることをサポートするのが目的と考え、ファイナンスと一緒に仕事も斡旋する

⑤機能志向と感性志向を切り替える:業界の機能志向あるいは感性志向を問い直す
→アドオン金利ではなく、実質金利で貸し出すことで、1ヶ月未満の借入ニーズにも応える。また、借入後に購入したいものについて、比較見積もりをしたうえで一番経済的合理性のあるものを購入する支援をする

⑥将来を見渡す:将来にわたって外部のトレンド形成にかかわる
→申し込み、審査、支払いの全てをIT化を推進する。



<その他>
・戦略キャンパス(Strategy Campus)がなぜ円形のチャートではなく、横線のグラフなのか不思議だった。






















ただ、横一線にキャンパスが伸びることで、新しい価値を提供していることに気づかせることができると、下のグラフで気がついた。







今日のインプット

■読書 30分


読書は、拾い読みとまとめ作成。

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...