2016年5月8日日曜日

(127)「わしのいる場所からは」




「わしのいる場所からは」と太陽が言った。「大いなる魂を見ることができる。それはわしと連絡を取り合って、共に植物を育て、羊に日陰を探させるのだ」



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp180



風になりたい少年は太陽との対話を続けます。このあたりは梵我一如が元になっているのかもしれませんが、よくわかりません。写真は、海岸を走る電車を太陽が見ているところです。風が気持ちよかったです。





今日のインプット

■FP3級 30分
■読書 1時間10分


FP3級は、問題集縦串(タックスプランニング)と総合問題。読書は、拾い読みとまとめ作成。

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...