2016年6月16日木曜日

(138)次の日、首領は少年と錬金術師に別れを告げ、


次の日、首領は少年と錬金術師に別れを告げ、二人の望むところまで護衛隊をつけてくれたのだった。



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp185



自身を風に変えることができた少年は、とうとう旅団から解放されました。あとは宝物の待つピラミッドに向かうだけです。アジアに旅行に来て、電車が時間通り来るのは日本くらいなものであることを痛感します。





今日のインプット

■読書 30分


読書は、拾い読みとまとめ作成。

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...