2016年7月10日日曜日

(148)太陽が昇り始めると、男たちは少年をなぐり始めた。


太陽が昇り始めると、男たちは少年をなぐり始めた。少年は傷つき、血を出し、服はぼろぼろに引きちぎられた。彼は自分の死が間近であることを感じた。



パウロ・コエーリョ著;山川絋矢・山川亜希子訳(1994)『アルケミスト ー 夢を旅した少年』地湧社、pp195



少年がピラミッドに何かを隠していると勘違いした男たちは、少年に周辺の穴を掘らせるように命令します。しかし、何も見つからないことが分かると、男たちは少年を殴り始めます。助けてくれる錬金術師もいない今、少年は死を覚悟しました。





今日のインプット

なし




0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...