2016年7月2日土曜日

災害初期にメディアが報道すべきこと

英検スピーチの素です。今日は少し苦手な「役割系」の問いを考えます。


<日本語で考えたこと>
<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>


<日本語で考えたこと>
・2016年4月14日に発生した熊本大震災において、TVメディアのクルーの横暴が目立ちました。TV局の車がガソリンスタンドの列に割り込んだり、その行為を隠蔽するような発言がありました。また、撮影禁止と張り紙のされた避難所の前で中継をするTV局もありました。雨を避けている子供をどかして、中継をしている局もあり、批判されています。


・災害大国である日本においては、災害時において報道がどのようにあるべきかというのも、災害を経験するにつれて組織として学ぶべきことだと思います。今のメディアは、「これだけひどいことが起きてます!」という絵を取りにいきすぎのように思います。視聴率はそれで上がるのでしょうが、適切な行動を促すのに必要な情報を提供しているようには思えません。


・災害初期に視聴者ができることは、お金を出すことだと思います。次のステップは、(できるなら)ボランティアとして力を貸すことです。そのためにメディアがすべきことは、お金を出すのに必要な情報を提供することです。100の支援をした場合、経費を差し引いていくらが被災者に届くのかが、視聴者にとって重要な情報です。資金の使われ方効率が透明になればなるほど、しっかりした使い方をする団体に資金が集中し、より多くの寄付が被災者に集まります。


・次に、寄付金の額を、メディアで取りまとめて公表することが重要だと思います。今の寄付のあり方は、寄付をした方がタイミングによってはなぜか叩かれ、大口の寄付をする人が、寄付しづらい雰囲気になっています。一方で、一括で強制的に公表する機会があれば、変な気を使わずに寄付できますし、寄付のランキングがあれば、競争によってもっと多くの寄付が集まると思います。


・また、ボランティアの受け入れ時期と、ボランティアとして被災地に向かうときに、持って行くものも共有すべきと思います。2011年の東日本大震災では、ボランティアがコンビニの食材を買い占めて、被災者が購入できないことがありました。



<英語の構成>
結論、背景、提案①、提案②、提案③、まとめ、の順で書きます。



<英語でまとめ=スピーチ原稿>
In my opinion, the media in Japan should focus on encouraging audiences to support disaster victims both directly and indirectly instead of emphasizing how disastrous the victim area is.


The media is often criticized for behaving outrageously in Japan when the disaster occurs. Even when the huge earthquake in Kumamoto occurred in April 2016, one of the media was criticized for breaking into the line of a gas station, interviewing disaster victims in the area where the interview was prohibited and blowing off the disaster victims who were waiting for the rain to stop. It is important for the media to focus on the following three points instead of sharing a damage situation effusively.


First, how the donation is allocated efficiently by each party shall be shared and monitored by the media. The main concern of ordinary people is not how pity the disaster victims are, but how to support them. The media might say that their video showing the pitiful victims helps the audience take actions. But it is not necessary for the audience to see cruel and pitiful scenes. It is great contribution for the media to share how JPY 100 donation will be used for disaster victims. The more the media disclose how effectively the donation is used, the more transparent the supporting entity’s activity is. More transparent activity will realize the more donation to the disaster victims.


Second, reporting who donates the amount in descending  order is helpful to collect more donation through competition. Currently it depends on the media to report who and how donates. Disclosing the amount of donation in a transparent and common way will assist the disaster victims enjoy more support.


Finally, there is a room for improvement in the time to welcome volunteer. In March 2011 when a 100 year scale earthquake occurred in the east area in Japan, a lot of volunteer headed to Tohoku area while they did not have sufficient resources to live on. This caused the lack of food supply in the disaster area. The media should have informed the audiences when volunteers were allowed to go into the disaster area and what were the necessary items to bring.


The more the media learn to take actions for disaster victims, the more efficient support will be realized. 



<その他>
・ネイティブチェック受けてません。




今日のインプット

なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...