2016年7月24日日曜日

『MBA 定量分析と意思決定』

グロービス・マネジメント・インスティテュート編著;嶋田毅監修(2003)『MBA 定量分析と意思決定』ダイヤモンド社



<きっかけ>
・書店でぱらぱらとめくってみておもしろそうだった



<読む前に期待したこと>
・今から会社で導入すべきKPIを見つけ、経営層に提案する。
・興味のある業界で追いかけるべきKPIを見つけて、自分で追いかけてみる。
・自分で毎月計測しているKPIを増やす。



<実際に読んでみて>
・会社の比較の対象が、自社の過去しかないことに気がついた(pp23-25)。重要な項目については別の会社で比較の対象を持つことにする。


・都道府県別GDPは追いかけてみようと思った(pp160-161)。


・日本の基準だと、広告費の上位50社の売上高広告費比率の平均は、1.7%。トヨタは唯一1,000億円を超えているが、売上高広告費比率は1.2%にとどまる(pp111)。



<その他>
・定量分析が何の役に立つのかの記載があった。改めて考えてみると納得(pp5-6)。

①意思決定の質・スピードを高める
②コミュニケーションの質・スピードを高める
③メリハリやプライオリティを明確にする

・年平均成長率は、最初と最後の数値と、標本数がわかれば算出できる(pp48)。



<その他>
・第3部のケーススタディが参考になった。





今日のインプット

■財務・会計 15分
■英語 45分
■その他 1時間


財務・会計は、簿記1級の計画練り直し。英語は、音読。その他は、読書(拾い読みとまとめ作成)。


0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...