2017年9月17日日曜日

社交性が高いとはどういうことか

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>
知らない人と知り合うきっかけが増えてきており、どういう状態のことを社交性が高いといえるのか考えておりました。



<日本語で考えたこと>
一般的に、友達が多ければ多い人ほど、社交性が高いと考えられると思います。ここでいう友達が多いとは、年賀状がたくさんくるとか、仕事の後で飲みに行く相手が多いとか、ゴルフなど、週末の余暇を一緒に過ごすことができる相手が多いということを想定しています。


社会人になりたてのころはそうかもしれません。友達の多さは、その人がどれだけ自分で努力して人的ネットワークを広げることができたか、あるいは、いったん知り合った人とどれくらい深い関係を構築することができたかに依存すると思います。


しかし一方で、会社で出世して、立場が上になればなるほど、こういったソフトスキルはあまり関係ないような気がします。ごりらの周りには、会社での立場が高いからこそ「友達」づきあいしてもらっている人が多いと感じています。



話を整理するため、知り合いを親しさに応じてレベル分けしてみました。


レベル1:顔見知り 
名前と顔は一致し、会えば挨拶はするが、そのあとの会話は一度も話したことはない。

レベル2:知り合い
名前と顔が一致し、プライベートの連絡先を知っている。会社で同じプロジェクトを担当していたり、プライベートであれば何らかの付き合いがある(マンションの隣人や)。

レベル3:友達
レベル2に加えて、休日に街で後姿を見たときに声を掛ける程度に親近感を感じている。

レベル4: 親しい友人
一対一で1時間以上話が続く。海外旅行から帰る際、相手がどのエリアに住んでいたとしてもお土産を買って帰る。けんかをしたことがある。

レベル5:家族
必ずしも血は繋がっていなくてもよいが、レベル4に加えて、自分の持つ資源のすべてを共有したいと思う。

図で示すと、レベル1から次第にレベル5に絞り込まれていくような図になります。






























ごりらが言いたいのは、社会的な立場が上になるに従って、レベル2の範囲が広くなり、本人があたかも社交性が高いかのように錯覚するのではないか、ということです。

























そこで提案したい「社交性が高い」の新しい定義は、(自分の努力とはあまり関係ない)円の範囲を広げることではなく、レベル4、5の人の質を高める努力をすることです。ここで重要なことは、レベル1の内側にいるすべてメンバーを観察して、誰が信頼できそうかを見抜く力だと思うのです。この過程には、低いレベルから高いレベルへ「昇格」させるための観察眼も必要ですが、逆に高いレベルから低いレベルへ「降格」する観察眼も重要になってくるのではないかと思うのです。


都度、自分の顔見知りの態度や雰囲気を観察し、誰であれば自分の限られた資源を共有したくなるかを決断する力が、幸せな人生を送るうえで重要だと考えました。




<英語の構成>

結論 → 一般論 → 持論 → 結論



<英語でまとめ=スピーチ原稿>

     Although many people assume that having social skills presupposes having many close friends, I contend that having social skills means having the skill to prioritize among acquaintances.

     It is true that having plenty of friends is regarded as a certain social skill, especially when we are young. The more friends you have, the more effort you have to make to expand your human network and to keep good relationships. Your character really matters in expanding your human network and keeping good relationships. However, the older you are, the more chances there are to become acquainted with others, especially when you are in a senior position in a firm. Having a dozen friends who play golf with you on weekends and drink with you after office hours does not necessarily mean that you have many friends. How nice you are is not related to how many friends you have when you are in a senior position in a firm.


     According to my observation, the proportion of close friends to acquaintances is a constant. If you have two hundred acquaintances, the number of close friends will be around five and the close friend ratio is 2.5%. If you have one thousand acquaintances, the number of close friends should be twenty-five. This close friend ratio varies depending on the characteristics of people. However, the ratio for each person seems the same throughout his or her entire life. If my hypothesis is true, the most important social skill is to sort out priorities among acquaintances based on the observance of daily conversation and interaction. Usually, becoming inseparable friends starts with just becoming an acquaintance, doing a lot of activities together, and advancing mutual understanding. What is important is that we have to set priorities among acquaintances once we promote a certain acquaintance to close friend status. This is because our resources, such as time and money, are limited. We cannot buy one thousand souvenirs just because we have one thousand acquaintances.


     In conclusion, it is important for us to develop the skill of prioritizing among acquaintances so that we are able to utilize our limited resources more efficiently.



<その他>

・いつもの型(結論→理由は三つあります→理由を三つ述べる→結論)から外れてみました。
・その他のスピーチの素はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...