2017年10月22日日曜日

紙の本は残るか

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>

<日本語で考えたこと>
<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>



<きっかけ>
最近、アマゾンのKINDLEを買いました。ごりらの部屋のスペースを多くの本が占めるのですが、持ち運びと保管のしやすさから、電子書籍の購入に踏み切りました。今もっている本も、BOOKSCANというサービスを使って、電子化を進めています。

KINDLEを使い始めて思うのは、「これほど便利なものはない」ということと、一方で、逆説的に「紙の本はなくならないだろうな」ということです。紙の本には紙の本のよさがあることを、KINDLEを通じて気がつきました。





<日本語で考えたこと>
紙の本のよさをそれぞれの段階(1.探索、2.購入、3.読む、4.読後)に分けて考えてみました。紙の本のよさは3つあると思います。


1つ目は、紙の本は偶然の出会いがあることです。誰もが、ふと本屋に立ち寄った際に気になった本を買ったことがあると思います。その本が、一生を変える本となることもあるはずです。ごりらは、星新一さんの本をたまたま本屋で見つけて、今でも愛読しています。もちろん、電子書籍では、「この本を買った人はこんな本も買っています」といったメッセージと共に、関連性の高い本の提案をもらえます。しかし、自分は今まで読んだこともないけれど、読んでみたらヒットしたという本にである可能性は限りなく低くなります。電子書籍では、自分の世界を飛び出す機会が狭まる、とも言い換えられます。


同じような経験は、紙の辞書にも言えると思います。電子辞書は確かに便利ですが、紙の辞書で、目的の単語の前後でたまたま見つけた単語が妙に印象に残って覚えてしまう・・・といった経験をした人は多いと思います。こういった、紛れが起きるのが、紙の本ならではないかと思います。



2つ目は、本と本を比べることと、同じ本の別のページを比べる機能が、紙の本では強いということです。海外の推理小説や、日本であれば森博嗣さんの小説では、冒頭に登場人物の一覧があります。これはユーザフレンドリーな工夫だと思います。特に外国の小説は、名前が覚えにくいため、こういった一覧があると助かります。紙の本だと、電子書籍よりもスムーズに登場人物一覧に戻ることができます。また本と本の比較も、電子書籍を一つしか持っていないと、ページを切り替えないといけないため、なかなか難しいです。



3つ目は、紙の本は、文章を単なるデジタル信号と捉えないことができることです。ごりらが10年以上前の英語の参考書をまだ保管しているのは、もちろんまだ英語の実務的に役に立つ部分があるということもありますが、読み返してみると当時の生活の状況や悩んでいたことを思い出すのに役立つからです。本は、単なる情報の集合体ではなく、思い出を呼び起こすツールとも考えられます。





まとめが下記です。













<英語の構成>
結論  紙の本は残る。少なくとも3つの点で強みがある。
場合① 紙の本の置いてある書店があるからこそ、本との偶然の出会いがある
場合② 紙の本は参照機能が早い
場合③ 紙の本は単なる情報だけでなく、その人の歴史を残す
結論  紙の本は残る


<英語でまとめ=スピーチ原稿>


  Although many people believe that paper books will be no longer in use, I contend that they will be still used at least in three ways. 

         First of all, paper books create an accidental meeting. When we are searching for books at a book store, we have chances to find interesting books which we have not expected before. When I was a junior high school student, my focus was on psychology. It was one of fun times that I went to a town library every Sunday morning to check out psychology books. One day I found an intriguing title in a philosophy category, next to a psychology category. I did not imagine at that time that this book would eventually lead me to a decision to major in philosophy in my university days.  If there had not been a library with paper books at that time, my life would not have been fruitful as it is now.

Secondly, paper books enable us to compare the pages in one book more easily. In a mystery novel, some of the authors give readers the summary of dramatis personae. Especially when I am reading a foreign mystery novel, I often struggle with remembering its dramatis personae. A summary of dramatis personae helps readers recall it and it is faster for readers to refer to it through paper books compared to digital books. It can be seen from this example that there still is an area where paper books outperform digital books.

Finally, paper books plays a trigger role for a reader to recall his or her past events. Paper books are not only a compilation of letters but also history of ourselves. The stain on each page or our writings pressure reminds us of the days when we used that book while digital books are not able to show those sorts of features. I still keep English textbooks used ten years ago in my bookshelf. Every time I open it, my writings remind me of hard but fulfilling days. This book is not only a database of knowledge but also an important asset filled with memory. I am afraid that digital English textbook will not assist me to recall the days when I am learning English.

To sum up, it is likely that paper books will remain to meet those expectations. If it were not for paper books, the world would be drearier than it is now. 



<その他>
・他のスピーチの素はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...