2017年12月17日日曜日

ビッグデータ活用は人々を幸せにするか

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>

<日本語で考えたこと>
<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>



<きっかけ>
2000年代初頭の二次試験の過去問を見ていると、インターネットがどう世界を変えるかといったトピックスが多かったのに気が付きました。今の時代であれば、インターネットではなくビッグデータだと考え、ビッグデータは人々を幸せにするかを考えてみました。



<日本語で考えたこと>
ビッグデータを活用したら、どんなことが期待できるでしょうか。三つ思いつきました。


一つ目は、より自分に合った提案をタイムリーにもらえるようになることが考えられます。買い物傾向やウェブの検索履歴を元にしたAIによる分析で、同じ傾向にある人の過去の傾向を元に提案ができるようになるはずです。自分の健康状態に応じて今いる場所の近くにある温泉の提案をもらえたり、タバコアレルギーの人に対して、喫煙者が近くにいるときはアラームを出してくれるかもしれません。疲れの状態や次の日の活動予定から、最適な睡眠時間を割り出し、休日は適切な時間に起こしてくれることも考えられます。


二つ目は、生活の質がより高まることが考えられます。夕食の献立作成は、多くの母親を悩ませる仕事だと思います。家族に出した昨日の夕食、お昼、冷蔵庫の残り、アレルギーの情報などを元に、毎日考えなければなりません。ビッグデータ活用によって、これらの情報は自動でたまり、また、家族それぞれに追加の質問を当日送るだけで、献立が自動で決まるといった活用が考えられます。


先月、銀座でAmazon Barに行ってきて、自動献立作成がもうすぐできるのではないかという思いを強く持ちました。Amazon Barでは、5,000以上のメニューの中から、ごりらの当日の気分や体調よってお酒の提案をしてくれました。この仕組みを応用すれば、献立に迷ったお母さんが、家族全員にメッセージをお昼に送り、夕方には何を作るべきかわかる仕組みができるのではないかと思います。


三つめは、これまで不公平に負担させれていた費用を負担しなくて済むことです。自動車の保険料でいえば、ゴールド免許かどうかの違いは考慮するかもしれませんが、ゴールド免許ですら、どれくらい運転する機会があってゴールド免許なのかどうかまで考慮して保険料は考慮されていません。車の運転記録を収集することで、安全に運転される顧客にはより安い保険料が提供できるはずです。


ビッグデータの活用に課題がないわけでもありません。グーグルやフェイスブックは、規約に明記しているのかもしれませんが、気づかないうちに情報を抜かれている不気味さがあります。また、国がその気になれば、企業に指示していくらでも情報は抜けるはずです。しかし、「こんな副作用があるから、その技術は一切使うべきではない」という理屈で何もしないのであれば、何も世の中に対して付加価値は提供できないはずです。車だって、事故を起こすかもしれないから導入するべきではないといって何もしなかったら、今日ほどに経済は発展しなかったでしょう。副作用があることと、その技術を活用するかどうかは、別のこととして考えるべきだと思います。



<英語の構成>

結論 :ビッグデータは個人消費者に役に立つ
理由①:買い物体験を効率的にする
理由②:生活の質を高める
理由③:不公平な負担を減らす
結論 :ビッグデータは個人消費者に役に立つ



<英語でまとめ=スピーチ原稿>
     
     Although some people are concerned about Big Data utilization supported by Artificial Intelligence, I contend that Big Data utilization is beneficial to general consumers all things considered. I think there are three reasons for this.

     First of all, Big Data utilization enables us to enhance the efficiency of our daily activities. It helps general consumers receive customized advertisement or suggestion timely. Based on consumers’ health information, history of web browsing and payment, and hobby, Artificial Intelligence comes up with the best suggestion for each consumer. The day will come when everyone has a butler who knows everything about you and works for twenty-four hours. Some people may worry about misuse of government power. Some may feel uncomfortable to know that our government is able to have access to your personal information if it wants to. However, it is one thing to entrust our personal information to Big Data Bank and another to make sure that Big Data Bank is run appropriately.

     Secondly, Big Data utilization leads to higher quality of daily lives. Planning a meal is a good example. Every mother struggles with deciding what to cook for dinner. She has to contemplate family’s health condition, last dinner menu, and inventory in her refrigerator. Big Data utilization must be a solution because it accumulates family member’s quantity of information and makes a suggestion. This belief was reaffirmed after I visited Amazon bar last November, where AI told me what was the best cocktail among five thousand options depending on my feeling at that time.

     Thirdly, Big Data utilization contributes to less information asymmetry. In insurance industry, the drivers who drive safely are forced to bear the insurance cost for those who cause a car accident often. Since it takes time for each insurance company to identify who are going to drive safe, they offer the same fee to every customer. However, IoT cars and Big Data utilization support insurance companies to discern safe drivers from others. As a result, those who drive safely are able to receive the full benefit of their safe driving owing to Big Data utilization
.
     For those three reasons, I think Big Data utilization is valuable to general consumers while there are several issues to be solved.



<その他>
他のスピーチの素はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...