2018年3月25日日曜日

哲学を学ぶのは無駄か

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>

<日本語で考えたこと>
<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>



<きっかけ>


英検1級2次試験の過去問を見ていると、「〇〇を学ぶ価値」が何年かおきに登場することが分かります。〇〇には、実用的でなさそうなものが登場します。文学、古典、芸術、そして哲学も含まれます。その中で、一番やり玉に挙げられる哲学について考えてみました。



<日本語で考えたこと>

哲学の一領域に、倫理学があります。倫理学では、善い行いをどのように促すかを考えます。Aという行いが誰にとっても善い行いだとして、でもここにいるBさんはそのことに気が付いていない。BさんにAという善い行為を促すには、どのように伝えるべきか。あるいは、Cという行為は誰にとっても善い行いではないとして、でもここにいるDさんはそのことに気が付いていない。DさんにCという行為をやめさせるには、どのように伝えるべきか。


ごりらの理解では、倫理学で学ぶのはこれらの伝える内容で、すべての人を納得させる理論はありません。例えば、ドイツの哲学者イマヌエル・カントであれば、人はなぜ嘘をついていけないかという問いに対して、「そもそも嘘をついてはいけないから」と答えるでしょう。「最大多数の最大幸福」を追求する功利主義の提唱者であれば、「嘘をつくことで関係者が幸せになる量よりも不幸せになる量が多いから」と答えるでしょう。キリスト教徒であれば、「十戒に書いてあるから」と答えるでしょう。


総花的に倫理学の理論を学んで得られる理解は、「何が相手に訴求できるかわからない」ということです。嘘をつこうとしている人に、どのようにやめてもらうかは、その相手がどのようなことを考えているのかを知ることが重要になってきます。


ビジネスにおいても、営業職であれば、見込み顧客が価格を重視したいのか、それとも品質なのかを知っておくことは重要です。また、納期が一番の重要で、価格や品質は二の次かもしれません。相手との関係でいえば、東南アジアのように、自分との個人的な関係を元に取引することを前提とする慣習もありますし、日本では会社対会社の付き合いを重要とする慣習もあるでしょう。そのような文脈を理解せずにビジネスをしていると、相手の期待を下回る行動をしてしまい、取引を逃してしまう可能性もあります。


チームのマネジメントでも、部下は何が何でも偉くなりたいと思っている人なのか、それともプライベートを重視してそこまで偉くなりたくないと思っているのか、といった見極めは、仕事の割り振りやフィードバックを与える考える上で重要です。


このように、相手が何を欲しているのかという、想像力を養うことが哲学には可能なのではないかと考えます。


もう一つ、想像力を養うことで得られるのが、「全く異質な意見を聞いた時の余裕力」だと思います。


哲学の本は、少なくとも岩波文庫で出ているような本は、一回だけ読んだだけでは何を書いてあるのか分かりません。他の本がどのように紹介しているかを参照したり、翻訳ではなく、原書に何度も当たることでやっと分かるような代物です。ここで鍛えられるのは、「何が書いてあるのかわからないけど、天才が、途方もない時間をかけて思考したことがここにある」という、敬意をもって難解な文章に当たるということです。


ビジネスにおいても、多様なメンバーからなるチームで仕事をするとき、あまり話さないメンバーの一人が、的外れのような意見を言ったときに、このような訓練が役に立つはずです。真摯に敬意をもって相手の話を聞き出して、今のプロジェクトの成果に結びつきそうなところを拾ってあげられるのが、結果を出せるチームでは、リーダーだけでなく、チームメンバーができることだと思います(そういえば、こんな記事を書いたことがあります)。


このように考えてみると、学生時代に哲学が役に立つのは、ビジネスマンとして新人のころよりも、中間管理職としてチームを持った後なのではないかと考えます。長期的な観点からは、哲学は役に立つのではないかと思うのです。



<英語の構成>

結論 :哲学を学ぶことは、人生に実りをもたらす。
理由①:哲学は、人がどのように動機づけられているかを前もって知ることができる。
理由②:異質な意見に出会ったとき、謙虚に咀嚼する余裕を与えてくれる。
結論 :哲学がない世界は、傲慢と衝突に満ち溢れるだろう。



<英語でまとめ=スピーチ原稿>

     Although many people assume that learning philosophy is not practical in our life, I believe learning philosophy is beneficial for everyone in the long run for two reasons.

     First of all, learning philosophy means gaining the better understanding of the mechanism of people’s mind. The higher position we are in, the more important it is for us to know what incentivizes your team members. In this modern world, we have more chances to work with someone who is from different culture. It is beneficial to know in advance that there are a plenty of ideas we cannot come up with. In my experience, learning philosophy enables me to work efficiently with subordinates from different culture.

     Secondly, learning philosophy enables us to keep our mental balance. Once we have two extreme ideas in our head, we are able to mull over an issue with many aspects. Without having opposite opinion in your head, we could be less tolerant of others. If you work at a global firm welcoming excellent talents from all over the world, it is important for you to remember that there is a valuable idea which seems useless to you but excellent in fact. Learning philosophy helps you be humble because it makes you realize that there is a world filled with many difficult and profound words. In other words, learning philosophy causes us to be humble in any case.

     In conclusion, I contend that learning philosophy is valuable for everyone. If it were not for philosophy in the world, the world would be filled with more insolence and conflicts. 



<その他>

・新卒での就職活動で、哲学を専攻していたごりらは仕事を見つけるのに非常に苦労しました。その時の自分への応援メッセージでもあります。
・他のスピーチの素はこちら





0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...